もう守るだけじゃない。ヴァンフォーレ甲府のサッカーが変わり始めた

「ちょっとしたところなんだと思います。例えば、今日も『一回(相手を)外せ、簡単に蹴るな』と伝えたんです。それだけでプレーの質が変わってくるんです」

 今シーズンからヴァンフォーレ甲府の監督に就任した吉田達磨は熱っぽく語っている。

<ボールを持ったときのプレーの変革>

 わかりやすく言えば、吉田監督はその部分を求められてやって来た。

 甲府は過去4年連続でJ1に残留。恥も外聞もかなぐり捨てた守備戦術で、最後の最後で踏みとどまってきた。非力な戦力だけに、その功績は評価できる。

 しかし、現状維持はプロの世界で後退を意味する。

「(就任して)最初はどうなることか、と心配しましたよ。在籍していた選手としては"最後は守ればいいんだろ"という自負もあったし。でも、最近は練習で球を蹴る音が変わってきました」

 吉田監督はチームの変化を感じ取っている。第9節まで3勝3敗3分け。五分の星取りで、成績的には大健闘だ。

 はたして、吉田監督の変革は成功を収めるのか?

この記事の続きを読む

1