FWとしてこのままでいいのか...。岡崎慎司を悩ます「65分問題」

 レスター・シティが来季残留を決めた。5月6日に行なわれたワトフォード戦を3−0で快勝し、勝ち点を43に伸ばした。この結果、レスターより1試合多く消化している降格圏の18位ハル・シティとの勝ち点差を9まで広げ、3試合を残して降格を回避した。2月上旬まで降格圏付近をさまよっていたことを思えば、まさかの「余裕を持っての残留決定」である。

 潮目が変わったのは、クラウディオ・ラニエリ監督の解任だ。クレイグ・シェイクスピア政権に移行してから、リーグ戦の成績は「7勝2敗1分」。破竹の勢いで勝ち点を重ね、暫定ながら順位を9位まで押し上げた。

 しかも、チャンピオンズリーグの「決勝トーナメント1回戦」と「準々決勝」を挟む厳しい日程だったにもかかわらず、驚異的なペースで勝ち点を積み上げた。試合後の岡崎慎司も、「怒濤の2〜3ヵ月だったな、という気がします。リーグ戦の最後まで(残留争いが)もつれる、と思っていたので」と心情を吐露した。

 日本代表FWは、さらに言葉を続ける。

「今までチームにいたコーチが、戦い方を元の形に戻してシンプルにした。結局、それが結果を残すことにつながった。(ラニエリ監督時代は)フラストレーションが溜まっていたわけじゃないけど、みんなが自信を持てなくなっていた部分があった。

この記事の続きを読む

1