ペドロサ圧勝でホンダが1−2!ヤマハ優位の流れが一気に反転

 イベリア半島南部のアンダルシア地方に位置するヘレス・サーキットで開催された第4戦・スペインGPのMotoGPクラス決勝は、ロードレース世界選手権が1949年にマン島TTで350ccクラスのレースとして初めて開催されてから通算3000戦の節目である。その記念すべきレースで優勝を飾ったのが、ダニ・ペドロサ(レプソル・ホンダ・チーム)だ。

 この週末は金曜のみが雨模様で、予選の土曜と決勝レースが開催される日曜は、ともにこの時期にふさわしい温暖な天候が予測されていた。そのいずれのコンディションでも、ペドロサは一頭地を抜く速さを披露し続け、土曜の予選ではポールポジションを獲得した。

 本格的なヨーロッパラウンドの端緒となる当地は、シーズン全体のなかでももっとも盛り上がる大会のひとつで、スペイン出身のペドロサにとってもここは間違いなく得意コースだ。

 彼がレプソル・ホンダ・チームで最高峰クラスへ昇格した2006年はこのスペインGPが開幕戦だったが、そのレースでいきなり2位に入り、大きな期待をさらに上回る結果を披露した。以後、2014年までは毎年優勝もしくは表彰台を獲得し、トップスリーで終えることができなかったのは4位で終えた2016年のみ、という抜群の相性のよさを見せている(2015年は腕上がりの手術後経過観察により欠場)。

この記事の続きを読む

1