東京パラで初採用、パラテコンドーとパラバドミントンってどんな競技?

 パラリンピック競技を体験できるイベント「ノーリミッツスペシャル2017上野」が5月6、7日に東京・上野恩賜公園で開催された。これはパラリンピックの普及と啓発を目的に、東京都がパラリンピック体験プログラムの一環として一昨年から取り組むもので、昨年5月に銀座で実施したイベントの第2弾となる。

 パラリピアンやオリンピアンによるトークショーのほか、車いすテニス、ウィルチェアーラグビー、ボッチャ、パワーリフティングなど現役アスリートたちがレクチャーする競技体験ブースには多くの人が集まり、競技の魅力に触れていた。

 2020年東京パラリンピックの実施競技数は「22」。その中で特に注目されているのが、東京大会で初めて実施されるパラテコンドーとパラバドミントンだ。イベントでは東京を目指す選手が参加して競技をアピールした。

 今回はこの2競技について紹介する。

この記事の続きを読む

1