狙われた坂口佳穂。ビーチバレー新ペアが1回戦突破も、強豪には完敗

 ビーチバレーボールの国内ツアー開幕戦、『マイナビ ジャパンビーチバレーボールツアー2017 第1戦東京大会』(5月3日〜5日)が、東京・お台場で行なわれた。

 3年目のシーズンとなる注目の坂口佳穂(21歳/マイナビ)は、藤井桜子(26歳/市進ホールディングス)とのペアで1回戦を突破したものの、2回戦で敗退。その後、敗者復活戦にも敗れて、最終順位9位で今季初戦を終えた(今大会はダブルエリミネーション・トーナメント方式)。

 前述のとおり、坂口の今シーズンのパートナーは藤井となった。藤井も5年目の若いプレーヤーだが、高校時代にはジャパン女子ジュニア選手権を制し、高校日本一になっている。2014年には、国内ツアーで優勝。日本代表として仁川アジア大会でも戦っており、豊富な経験を持つ。

 藤井のよさは、パワフルなスパイクと闘志あふれるプレー。彼女がいかに坂口の能力を引き出し、チームとしてのポテンシャルを高めていくかがニューペア上昇のカギとなる。坂口も「(藤井は)プレーは力強いし、経験もあるのでパートナーとして頼りになる」と話す。

 1回戦では、そのニューペアのよさが存分に発揮された。

この記事の続きを読む

1