木村沙織なき女子バレー界、新鍋理沙と古賀紗理那は世界に通用するか

 バレーボールの世界クラブ女子選手権2017が9日、神戸グリーンアリーナで開幕した。

 この大会は国際バレーボール連盟(FIVB)が、国際サッカー連盟(FIFA)が主催するクラブワールドカップのような大会を目指して、1991年から始められたもの。1992年、1994年に開催された後はしばらく途切れていたが、2010年に16年ぶりにドーハで開催され、以降は毎年行なわれている。

 サッカーのクラブワールドカップ同様、クラブチームの世界一を争うこの大会は、各大陸枠と開催国枠、ワイルドカード出場枠を加えた計8チームが出場する。今大会で初めて日本での開催が実現したことで、日本からは開催国枠で選ばれた久光製薬スプリングスと、昨年のアジアクラブ選手権で王者になったNECレッドロケッツの2チームが参加することになった。

 その他、レクソナ(ブラジル・南米クラブ選手権優勝)とワクフバンク・イスタンブール(トルコ・ヨーロッパチャンピオンズリーグ優勝)、ワイルドカードで出場する、エジザジュバシュ・イスタンブール(トルコ)、ボレロ・チューリヒ(スイス)、ネスレ・オザスコ(ブラジル)、ディナモ・モスクワ(ロシア)が、まずは2グループに分かれて予選ラウンドを戦う。

この記事の続きを読む

1