2千万馬券も飛び出すヴィクトリアマイル。波乱の使者はこの3頭だ

 上半期の"女王"を決めるGIヴィクトリアマイル(5月14日/東京・芝1600m)。今年はメンバー最上位の実績を誇り、前哨戦のGII阪神牝馬S(4月8日/阪神・芝1600m)も好内容で制したミッキークイーン(牝5歳)が、頭ひとつ抜けた存在となっている。

 ミッキークイーンは、メンバー唯一のGI2勝馬。昨年のヴィクトリアマイルは前哨戦、そして本番と連続2着に終わったが、今年は万全の態勢を整えており、馬群に沈むことは想像しにくい。

 こうなると、波乱を期待するのは難しそうだが、ヴィクトリアマイルと言えば「荒れるGI」である。実際、10番人気以下の勝利は過去10年で2度もあり(2007年=12番人気コイウタ、2014年=11番人気ヴィルシーナ)、2、3着にもふた桁人気の馬が飛び込んでくるケースが多い。

 ならば、狙うは"穴馬券"である。過去10年で激走した伏兵馬をピックアップし、今年一発が期待できそうな穴馬を探してみたい。

 まず、過去10年で波乱を演じた勝ち馬を見てみると、低人気だったことが不思議に思うほどの実績馬が多い。つまり、伏兵の評価ではあったが、実績的には十分なものを持っていた馬である。

 その象徴と言えるのが、過去にこのレースを連覇したヴィルシーナとストレイトガールだ。

この記事の続きを読む

1