過去最高の強さ。室屋義秀が、エアレース千葉大会で「ダブル連覇」へ

 千葉・幕張海浜公園で開催されるレッドブルエアレース・ワールドチャンピオンシップ第3戦(6月2、3日)をおよそ3週間後に控え、日本人パイロットの室屋義秀がメディア対応を行なった。

 室屋は日本でのレースを目前に控えたこの時期、活動拠点のふくしまスカイパークでメディアの取材を一括して受けるのは恒例だが、今年はメディアの注目度も今まで以上に高まっている印象を受ける。やはり直近のレース、すなわち4月にアメリカ・サンディエゴで行なわれた今季第2戦を制したことが大きく影響しているのだろう。

 日本でレッドブルエアレースが開催されるのは、今年で3年連続3回目。パイロットのみならず、機体、チーム体制を含め、室屋のコンディションは過去最高の状態にあるのは間違いない。

 昨季の千葉戦を振り返ってみると、室屋は結果的に優勝できたが、決して順調にレースを迎えたわけではなかった。昨季開幕直前に取り換えられたGメーター(飛行機に取り付けられた荷重測定機器。レース中の最大荷重はルールにより10Gに制限されている)への対応に苦しみ、開幕から2戦連続でオーバーG(10Gを超える違反)を犯し、DNF(ゴールせず)で敗退していた。

この記事の続きを読む

1