ドルトムントの様子がおかしい。「監督問題」が香川真司の残留に影響か

 シーズンも終了間際だが、ドルトムントの様子がおかしい。トーマス・トゥヘル監督が周囲とうまくいっていないのではないかという報道はかなり以前からあったが、ここにきてハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOがトゥヘルとの間に確執があることを匂わせたり、匿名の選手による監督批判が紙面に踊ったりしている。それも地元紙やスポーツ紙だけでなく、全国紙である南ドイツ新聞でも展開されており、なにやら大事になってきた。当然ながらトゥヘルの退任が近いという見方も浮上している。

 ブンデスリーガ第33節アウクスブルク対ドルトムント戦。ドルトムントはそのあたりの影響もあったのか、パッとしないパフォーマンスで、1−1のドローに終わった。チャンピオンズリーグ(CL)にストレートインできる3位をホッフェンハイムと争っている中、下位相手のドローはいただけない。

 この試合に先発フル出場した香川真司は、「3位争いも十分モチベーションになりえる」と言いながら「相手も残留に向けて必死ですし......。ただ、僕たちもしっかりとここで勝って3位を決定づけたいという気持ちはあったし、勝たないといけなかった。ここで勝ててこそ強いチームで、こういうところで勝ちきれないのはすごく課題ではあると思いますけど」と、疲労感を隠そうともせずに語った。

この記事の続きを読む

1