モンゴル勢力士の逆襲なるか。稀勢の里との対決では彼らにも拍手を

 14日に両国国技館で初日を迎える大相撲夏場所では、春場所で劇的な逆転優勝を果たし、連覇を飾った横綱・稀勢の里(30歳・田子ノ浦部屋)の動向に注目が集まっている。

 先場所13日目に負傷した左腕は完治しておらず、爆弾を抱えながらの過酷な土俵に挑む横綱。場所前に元横綱・北の富士が「出るも地獄、休むも地獄」と評した険しい道を乗り切って3連覇を達成するのか。それとも、道半ばで力尽きるのか。今後の力士生命を左右する可能性もある、緊迫の15日間になるだろう。

 一方で、忘れてはならないのが横綱・白鵬(32歳・宮城野部屋)の逆襲だ。

 先場所は4日目に平幕の勢(いきおい)に敗れた際、右足親指の捻挫と右太ももの筋肉損傷を併発して5日目から休場に追い込まれた。場所後は、春巡業の前半を休んでモンゴルへ帰国するなど治療に専念。幸いケガは順調に回復して精力的に出稽古を重ねてきた。昨年の夏場所以来となる、1年ぶりの賜杯奪還に向けて態勢を整えている。

この記事の続きを読む

1