8キロ増で鎧のような胸板。吉田麻也がプレミア仕様の体になっていた

 雲ひとつない晴天のアンフィールド。リバプールサポーターの歌う『You'll Never Walk Alone』がスタジアムにこだまするなか、両軍の選手たちが姿を現した。

 試合前の挨拶のために22名の選手が一列に並ぶと、欧州出身の選手たちと比べても、サウサンプトンの吉田麻也がまったく遜色ない身体つきになっていることに気がついた。

 鎧(よろい)のような胸板、肩、そして足腰──。もちろん189cmの身長は変わっていないが、センターバック(CB)としては細身の印象もあった2012年の入団時から、身体が完全に「プレミア仕様」に仕上がっていると感じたのである。

 キックオフのホイッスルが鳴ると、リーグ戦17試合連続の先発出場となったその吉田が、堂々たる守備でリバプールの攻撃を跳ね返していく。

 リバプールのFWロベルト・フィルミーノのシュートに対し、日本代表DFはコースに入ってブロック。虚を突いたMFルーカス・レイヴァのスルーパスには一度、体勢を崩しそうになったが、それでも素速く足を伸ばしてカットする。敵のロングボール時に太陽の光が目に入ったようで動きを一瞬止めた場面も、慌てることなくクリアした。

 動きは軽快そのもので、ひとつひとつの守備が力強い。状況判断は冷静沈着で、周囲の動きもよく見えていた。筆者が取材してきた5シーズンのなかでも、この試合の吉田は最高部類と呼べるパフォーマンスを示し、0−0のスコアレスドローに大きく貢献した。しかも、相手はリーグ2位の得点力を誇るリバプール。「クリーンシート(無失点試合)を達成し、またひとつ積み上げたというのは、僕にとっても、ディフェンス陣にとっても大きい」と、試合後の吉田も胸を張っていた。

この記事の続きを読む

1