F1ホンダのモーターホームに潜入。アロンソも好物の寿司にあの刻印が

 一向に上向かないパワーに、度重なるトラブル。HRD Sakuraからパワーユニットを受け取ってレース現場でそれを運営するホンダのエンジニアやメカニックたちは、肉体的にも精神的にも厳しい戦いを強いられている。英国ミルトンキーンズに駐在し、日本から遠く離れた世界各国のサーキットで現場運営を担う彼らの支えになっているのが「モーターホーム」だ。ヨーロッパラウンドの開幕となるスペインGPに、今年もホンダのモーターホームが帰ってきた。

 シェフのデイブ・フリーマンは、「ホンダ食堂」としてパドック中で知られた第3期ホンダのモーターホームを運営していた人物だ。あのミハエル・シューマッハもホンダの鮨を好んで取り寄せ、その噂を聞きつけた他のドライバーたちからの依頼も増えて、多いときには7人ものドライバーに和食を提供していたほど。そのくらいF1村に溶け込んでいた。

 2015年のF1復帰に際して、ホンダがそのフリーマンにモーターホームの運営をふたたび依頼したのも自然なことだった。

 2台のトラックを使い、横5.5メートル、奥行き15.5メートルのスペースに展開するホンダのモーターホームは、3階建てが当たり前という上位チームの豪華絢爛なそれに比べればおよそシンプルなもので、スペースも3分の1に過ぎない。

この記事の続きを読む

1