ド派手な装いと豪快なプレー。ジョン・デーリーが13年ぶりに大暴れ

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 ジョン・デーリー(51歳/アメリカ)が、PGAツアー・チャンピオンズ(米シニアツアー)のインスペリティー招待(5月5日〜7日/テキサス州)で優勝した。デーリーがツアーで勝利を飾ったのは、PGAツアー時代、2004年のビュイック招待(現ファーマーズ・インシュアランス)以来、実に13年ぶりのことだ。

 最終日はまさにデーリーらしく、アメリカンフラッグ柄のパンツに真っ赤なシャツという派手なウエアで登場。プレーにおいても、出だしからイーグルを決めるなど豪快なゴルフを披露した。久々の"ビッグ・ジョン"の勝利には多くのファンが歓喜し、デーリー人気はいまだ衰えていないことを示した。

 最終18番(パー4)は、先にホールアウトしたトミー・アーマー・サード(57歳/アメリカ)、同じ最終組のケニー・ペリー(56歳/アメリカ)に2打差をつけて迎えた。上がり3ホールは難易度が高く、この18番もグリーン右手前に池が広がり、硬いグリーンに多くの選手が泣かされていた。

 デーリーはティーショットをユーティリティーで打った。やや左に曲げてしまうが、そこから見事にグリーンをとらえると、デーリーはゆっくりとグリーンに向かった。

この記事の続きを読む

1