上林誠知「4年目の爆発」でも、うかうかできないソフトバンクの怖さ

 とにかく、よく飛ばすバッターだった。

 上林の母校である仙台育英高のグラウンドは、以前、遠征に来たプロのチームが練習場として借りた際、あまりの大きさに驚いたほどのサイズを誇る。両翼100メートル、センターは130メートルほどあり、見上げるほど高いネットがぐるりとグラウンドを取り囲む。

 そのネットにガンガン当てていた、いや"突き刺していた"のが上林だった。バッティング練習で、練習試合で、上林の下から上に向かって振り上げるスイング軌道から、とんでもない弾道の打球を何度も見せてもらった。

「とにかく体が強い。室内に天井からぶら下がっているロープがあるんですけど、上林はあっという間に腕だけで天井まで上がっていきますから」

 仙台育英の佐々木順一朗監督があきれて笑っていた。

 3年春のセンバツでは、どう見てもショートバウンドにしか見えない低めのボール球を器用に拾って、ライト前に持っていった曲打ちも見せた。上林の独特のスイング軌道がはまったのだろう。

 だからといって、高めを苦にしているわけでもない。高めは高めで、とっさに両腕をたたみ込んで打ってしまう。でも、プロに入ったら、インコースに苦しめられるだろうな......そんなことを思っていたら、2年目の2015年、ウエスタンリーグで上林は、ツボの低めだけを狙い打って、首位打者を獲ってしまうんだから驚いた。

 そして今年の春季キャンプ。140キロ後半のインコースの球を、バットのヘッドでボールの頭をポンと引っ叩くようなスイング軌道を見せた。難易度の高いスイングをいとも簡単にやってのける上林に、"覚醒"の予感が漂っていた。

 しかし、ソフトバンクの外野陣は12球団随一のレベルの高さを誇る。これまでの実績、実力を考えれば、柳田悠岐、中村晃、長谷川勇也の3人で決まりのはずだが、長谷川のケガが長引き、席がひとつ空いた。

この記事の続きを読む

1