試合後は声がガラガラ。情熱家・コンテ監督がチェルシーを戴冠に導く

 試合終了のホイッスルが鳴ると、チェルシーの選手たちが一斉に歓喜の雄叫びを上げた。

 優勝に王手をかけていた第37節のWBA戦を1−0で勝利し、チェルシーが2季ぶりとなるリーグタイトルを獲得した。就任1年目のアントニオ・コンテ監督は、ベンチから飛び出して選手たちと次々に抱擁。アウェーマッチまで駆けつけたサポーターも、「チャンピオン!」の大合唱とともに勝利の美酒に酔いしれた。

 リーグ10位と散々な成績で昨季を終えたチェルシーは、今季からイタリア人のコンテ監督を新指揮官に迎えた。2016年の欧州選手権で旋風を巻き起こしたイタリア代表の指揮官として実績は高く評価されていたが、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督やマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督に注目が集まり、シーズン開幕前の下馬評は必ずしも高くはなかった。

 ところが、消化試合がひとつ少ない2位トッテナム・ホットスパーに勝ち点10差をつけ、2試合を残してリーグ優勝を決めた。第12節で初めて首位に立つと、それ以降一度もトップの座を譲ることなく戴冠まで突っ走った道程を踏まえても、今季のプレミアリーグは紛れもなく「チェルシーの圧勝」だった。

この記事の続きを読む

1