【国際プロレス伝】猪木の髪を切る暴挙。ファンの憎悪は頂点に達した

【第9回】アニマル浜口が語る「国際プロレスとはなんだ?」

 1981年9月23日、田園コロシアムで行なわれた新日本プロレスの興行に乗り込んだラッシャー木村とアニマル浜口。リングに立った木村は、新日本に殴り込む決意を表明すべく、マイクを握った。そのとき放たれた第一声が、「こんばんは」。これが、プロレスの歴史に刻まれることになった「こんばんは事件」だ。アニマル浜口は、笑いに包まれた会場の空気を変えなければならないと考え、行動を起こした。
◆国際プロレスのエース・ラッシャー木村(4)

「マズイな......と感じてね。ここはアニマル浜口が何か言わなきゃと思ったら、リングサイドに対戦が決まっていた剛竜馬選手の姿が見えたんで、まずは挑発してやったんです。剛選手は、そのときは対戦相手でしたけど、もともとは国際プロレスで一緒にやっていた仲間だから。目と目が合ったとき、やっぱりどこか通じ合うものがあったんでしょう」

 燃え上がる炎にも負けない、真っ赤なドレスシャツを着ていたアニマルが吠えた。

「10月8日は絶対、我々が勝ちますよ。来いよ、お前。待っとけよ。10月8日、見ていてくださいよ」

 対するアントニオ猪木は、「ふざけるな」と言わんばかりに木村、浜口を睨み続けたまま、リングアナウンサーが向けたマイクをさえぎり、ノーコメントだった。

この記事の続きを読む

1