オークスで雪辱を期すソウルスターリング。脅威はハーツクライ産駒3頭

 今週末21日には東京競馬場にて、3歳牝馬クラシック第2弾のGIオークス(芝2400m)が行なわれる。

 クラシック第1弾のGI桜花賞(4月9日/阪神・芝1600m)で単勝オッズ1.4倍という圧倒的な人気に推されながら、3着と人気を裏切ったソウルスターリング(牝3歳・藤沢和雄厩舎)の巻き返しなるかというのが大きなテーマとなる。今回はそれについて分析してみたい。

 まずは桜花賞のレース内容から振り返っておこう。稍重馬場で行なわれ、ソウルスターリングは道中5、6番手を追走。1000m通過が58秒3とまずまずのハイペースだったが、位置取りとしては悪くなかったし、手応えも十分あるように見えた。しかし、直線に入って追い出されても、ソウルスターリングより前にいて先に抜け出したレーヌミノル(牝3歳・本田優厩舎)をかわせず、リスグラシュー(牝3歳・矢作芳人厩舎)にも差されて、1/2馬身+クビ差の3着に敗れた。鞍上のルメール騎手は「これまでとは違った馬場で、それに尽きる」と語っており、稍重馬場が最大の敗因ということになるのだろう。

 しかし、稍重といっても勝ちタイムは1分34秒5と遅いものではなかったように、それほど悪い馬場ではなかった。"歴史的名牝"とか"勝ってダービーへ?"との声も聞かれるほどの前評判だっただけに、期待外れの内容だった。

この記事の続きを読む

1