名将ペップも舌を巻いた「規格外」ボレーを、岡崎慎司が振り返る

「オカザキの規格外のゴールで我々は失点した」

 そう舌を巻いたのは、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督である。

 岡崎慎司の今季3点目となるゴールが生まれたのは、マンチェスター・Cに2点のリードを許して迎えた42分。左サイドでFWマーク・オルブライトンがボールを持つと、岡崎はペナルティエリア内に向かってダッシュを開始する。手を上げてクロスボールを要求した、その日本代表FWにボールが飛んできた。

 左斜め後方部から飛んでくる難しいクロスボールだったが、岡崎は迷うことなくダイレクトで左足を一閃――。ゴール右上に飛んだシュートは、GKウィルフレード・カバジェロの手をかすめてネットに吸い込まれた。

 スペイン人策士が「規格外」と褒めたこのゴールは、英メディアでも「今季ベストゴール候補のひとつ」(英紙『デイリー・メール』)と絶賛されている。英紙『デイリー・ミラー』も「オカザキの機敏さ、そして技術の高さが際立ち、GKカバジェロはこの美しいボレーを止めるチャンスはなかった」と記した。

 この得点場面について、岡崎は次のように振り返った。

この記事の続きを読む

1