小川航基、岩崎悠人、田川亨介、久保建英。U─20代表のFWは戦える

 5月20日に幕を開けるU─20ワールドカップ。日本は5大会ぶりの出場となる。過去のU─20代表と比較して"突出した世代"とは言えないが、少なくともFWの顔ぶれは悪くはない。

「ストライカー不足」

 日本サッカー界で長く叫ばれ続けてきた中、可能性のある4人のFWが揃った。小川航基(ジュビロ磐田)、岩崎悠人(京都サンガ)、田川亨介(サガン鳥栖)、そして15歳の飛び級で入った久保建英(FC東京U−18)。それぞれ持ち味が違い、期待感は高まる。

 U─20W杯の調整試合になった、5月15日の北中米カリブ海代表ホンジュラス戦は、3─2と勝利を収めている。

「ニアが空いているイメージがあったので、走り込もうと思っていました。FWはゴールを決めることで自信になります。自分のゴールでチームを勝利に導きたいと思っています」

 CKからヘディングで先制点を決めた小川は語っている。相手はゾーンディフェンスだったが、ニアのケアが怠慢で、小川はそこを見逃さなかった。ストライカーの嗅覚と言えるだろう。

この記事の続きを読む

1