【木村和久連載】ゴルフ会員権、高額銘柄と激安銘柄しか動かない理由

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第105回

 ゴルフ会員権は、バブル以降の最安値の相場を順調に更新中って、なんですかねぇ......。

 でも、昔ながらの高額名門倶楽部と、10万円程度の激安会員権はそこそこ流通しています。あまり需要がないのは、メインの100万〜300万円程度の中堅銘柄。上と下が動く会員相場の、その理由を探ってみたいと思います。

 まず、高額銘柄ですが、これは「だいぶ安くなったから」と、私の知り合いも都内の名門倶楽部に入会しました。

 今さらながら、なぜ高額な会員権が売れているのか? それは若い頃、買えなかった自分への"リベンジ"なんですね。

 バブルの頃、軒並み1億円を超える名門ゴルフ倶楽部、俗に言う「億カン」コースがいくつもありました。そりゃすごく欲しいけど、家すら買っていないのに「億カン」を買うなんて、夢のまた夢の話でした。

 それが、あれから月日は流れて25年――。何気に会員権相場を見てみると、当時1億円だった名門カントリー倶楽部が500万円で売りに出ているじゃないですか!? 

 これって、銀座の高級クラブのホステスに憧れていたものの、まったく相手にされないまま、月日が過ぎ去ってしまいました。でもそうしたら、あのホステスが五反田にスナックを開業し、突然「遊びに来て♪」とメールをもらったようなものです。

 あれから25年じゃあ、売れっ子ホステスも50歳......。はたして行くべきか、悩みどころですけどね......。

この記事の続きを読む

1