初回6失点のベンチで...。大阪桐蔭を蘇らせた西谷監督の「言葉学」

■大阪桐蔭・西谷浩一監督のマジック(前編)

「背番号をつけた大事な大会を最後まで勝ち抜けたことと、今年は近畿大会が大阪で開催されるため3位に入れば出場できますが、勝っていくのと、負けていくのとではやはり違います。近畿大会でまたしっかり勉強して、すべてを夏につなげていきたいと思います」

 5月14日に舞洲(まいしま)ベースボールスタジアムで行なわれた春季大阪大会決勝戦。大体大浪商を5対3で下した直後、大阪桐蔭の西谷浩一監督は淀みない口調でそう語った。

 センバツ優勝に続き、春の大阪も制し、5月27日から近畿大会が始まる。そして6月は強豪校との練習試合を重ね、7月8日からはいよいよ春夏連覇をかけた戦いが始まる。さらにその先には、最強世代とささやかれる現2年生のさらなる成長を見越し、3連覇、4連覇といった声も聞こえてくる。

「周りの方は簡単に言ってくれますけど......」

 西谷監督は苦笑いを浮かべるが、決して荒唐無稽な夢とも思えない。

 大阪桐蔭の強さについては、これまで様々な角度から語られてきた。ただ野球がうまい選手を集めるのではなく、野球好きにこだわった選手補強。基礎と実戦を徹底的に繰り返す日々の練習。そしてチーム一丸の空気を育(はぐく)む寮生活......。それらが組み合わさり、最近は強さのなかに粘りが出るようになった。追い込まれた状況でもそこから踏ん張り、勝機を呼び込む。

 たとえば、センバツ2回戦の静岡高との試合は、まさにそんな試合だった。

 初回に好投手・池谷蒼大から鮮やかな速攻で6点を先制。ところがその裏、6点を許すなど、あっという間に振り出しに戻された。「6点取れるなんて思っていなかったし、一気に6点を取られるとも思っていませんでした」と西谷監督にとっても想定外の展開になった。

この記事の続きを読む

1