シボレーに逆転されたホンダ。注目のインディ500でスカッと勝てるか

 インディカーシリーズ第5戦はインディアナポリス・モーター・スピードウェイのロードコースで開催され、ウィル・パワー(チーム・ペンスキー)が今年早くも3回目のポールポジション(PP)を獲得、決勝でもそのまま優勝した。

 同じくPPを手にしていた開幕戦はエンジントラブルでリタイア。同じく第3戦は優勝間近でタイヤがパンクする不運に見舞われたが、三度目の正直でインディカー・グランプリと銘打たれたレースで今季初勝利を飾り、ポイント・スタンディングも5番手まで巻き返した。

 チーム・ペンスキーは開幕からの5戦すべてでPPを獲得している。パワーが3回で、エリオ・カストロネベスが2回。これはつまりシボレーエンジンの5連続PPということだ。開幕からの2戦ではホンダ勢のチームが優勝したが、この第5戦で勝利数はシボレーのリードに変わった。これらの3勝はいずれもチーム・ペンスキーによるものだ。第3戦がジョセフ・ニューガーデン、第4戦がシモン・パジェノー、第5戦がパワー。現在のポイント・トップはパジェノーで、ニューガーデンは3番手、カストロネベスは4番手につけている。

 チーム・ペンスキーは昨年の16戦で10勝を挙げた。今年も彼らの強さは保たれている。ニューガーデンの加入でさらに強くなったと見るべきかもしれない。

この記事の続きを読む

1