福田正博も期待。「U−20W杯を戦う代表は、新・黄金世代になれる」

福田正博 フォーメーション進化論

 FIFA U−20W杯が5月20日から韓国で開催される。2007年のカナダ大会以来、10年ぶりの出場となるU−20日本代表は、予選グループで5月21日に南アフリカ、同24日にウルグアイ、同27日にイタリアと対戦する。

 U−20日本代表が再びこの大会に出場できた要因は、選手たちのポテンシャルの高さもあるが、20歳以下の選手たちが高いレベルで試合ができる環境を日本サッカー界が整えたことにもある。
 
 20歳以下の選手が実力を伸ばすには、試合を数多くこなす必要がある。練習してきたことを試合で試し、反省材料を得て再びトレーニングに取り組み、次の試合に臨む。このサイクルを繰り返すことで若い選手たちは成長していく。

 2009年まで実施されていたJサテライトリーグは、トップチームで試合に出場することが難しい若い選手の実戦経験の場として存在したものの、実情は練習試合と変わらない状況にあり、真剣勝負には程遠かった。そこで、Jリーグは2014年からJ3リーグに「Jリーグ・U−22選抜チーム」を作り、2016年シーズンからはJ1・J2クラブ単位の「U−23チーム」がJ3リーグに参戦できるようにした。こうした若手育成のための改革が、今回のU−20代表で結実したといえる。

この記事の続きを読む

1