ついにデビューした「ブラジルの久保建英」はネイマールを超えるか

 日本では15歳の久保建英(FC東京)がルヴァンカップ、コンサドーレ札幌戦でJ1デビューを果たして話題となった。それから10日後、ブラジルでも16歳の"ネイマール2世"が全国リーグでデビューし、世界的な注目を集めている。

 ヴィニシウス・ジュニオール。かつてジーコがプレーしたリオの名門フラメンゴの下部組織出身で、すでに数年前からクラブ関係者の間では「今世紀に発掘された最高のジョイア(宝石)」と評判だった。

 右利きだが、主として左サイドに張る。高度なテクニックと驚異的なスピードを駆使してマーカーをいとも簡単に抜き去り、カットインして強烈なシュートを叩き込む。股抜き、ヒールパス、シャペウ(ボールを相手の頭越しに浮かしてかわす"空中ドリブル")といったトリッキーなプレーも多用するなど、プレースタイルはネイマール(バルセロナ)そっくり。本人も「憧れの選手はネイマール」と語る。

 リオ郊外の貧しい家庭に生まれ、6歳からフットサルでテクニックを磨いた。9歳でフラメンゴのU−11に入り、常に年齢より上のカテゴリーで中心選手として活躍してきた。

 2015年、13歳でブラジルU−15代表に選ばれ、U−15南米選手権に出場して、6試合で6得点をあげた。今年の2月から3月にかけて行なわれたU−17南米選手権では、9試合に出場して7得点。ブラジルを優勝に導き、大会MVPと得点王に輝いている。

この記事の続きを読む

1