村田諒太は「月」に行けるか?ミドル級王者に向けて舞台は整った

 5月20日〜21日、東京・有明コロシアムにて2夜連続で『ボクシングフェス2017 SUPER 2 DAYS』と銘打たれたビッグイベントが開催され、世界タイトルマッチが計5試合行なわれる。

 5つの世界戦には、WBO世界スーパーフライ王者「モンスター」井上尚弥(大橋)の5度目の防衛戦や、IBF世界ライトフライ級王者「激闘王」八重樫東(やえがし・あきら/大橋)の3度目の防衛戦が含まれる。ただ、そのなかでももっとも目が離せない一戦は、20日に行なわれる村田諒太(帝拳)の世界初挑戦となるWBA世界ミドル級王座決定戦であることは間違いない──。
「人類が月へ行くより難しい」

 かつて、ミドル級の世界王者になることの難しさを、そう例えた時代がある。22年前、竹原慎二(元WBA世界ミドル級王者)が日本人として初めてミドル級のベルトを腰に巻いたころの話だ。

 そして今なお、その難易度は高いままだ。海外では常にトップクラスの人気階級であるミドル級で、タイトルマッチの舞台に立つために求められる実力は果てしなく高い。さらに言えば、余程のことが起きないかぎり、タイトルマッチを日本で開催することは難しい。

 その余程が、今回起こった──。村田諒太は、間違いなく"運"を持っている。

この記事の続きを読む

1