車いすマラソン土田和歌子が トライアスロンでも優勝。東京はどうする?

 アイススレッジスピードレース、車いす陸上競技で冬夏合わせて7大会連続のパラリンピアン、土田和歌子(八千代工業)が新たにトライアスロン(※)にも挑戦した。競技歴3カ月ながら、5月13日に行なわれた「世界パラトライアスロンシリーズ横浜大会」の女子PTHCクラス(車いす)を1時間15分11秒で制し、表彰台の頂点に上がった。
※パラトライアスロンはスイム0.75km、バイク20.0km、ラン5.0kmで行なわれる。

「1位は嬉しいです。アスリートとして、ずっと目指してきているものだから」

 満面の笑みで喜びを語った土田。高校2年のとき交通事故で車いす生活になって以来、パラアスリートとして20年以上にわたり、世界の舞台で戦ってきた。アイススレッジスピードレースでは1998年長野冬季パラリンピックで金と銀のメダルを2個ずつ獲得。陸上競技に転向後は、2004年アテネ大会5000mでの金を含む計3個のメダルを手にしている。近年はマラソンに重点をおいて、国際大会を数多く制し、T54クラスの世界最高記録(1時間38分7秒)保持者でもある。

この記事の続きを読む

1