柳田将洋が語るプロ転向と海外挑戦。「石川選手が大きな刺激になった」

 5月15日、味の素ナショナルトレーニングセンターで、全日本男子バレーボールチームの始動記者会見と公開練習が行なわれた。

 初選出となった東レアローズの藤井直伸らフレッシュな顔ぶれが並ぶ中、エースとして活躍が期待される柳田将洋は、「今年で代表4年目になりますが、チームも新しい体制になっている中で、自分の色が出せればいいなと思っています」と気を引き締めていた。

 個人としては、今年4月にプロ転向と海外リーグ挑戦を発表。そんな柳田に、全日本チームの今後や、バレーボール人生の転機を迎えた現在の状況について直撃した。

***

――若返った全日本チームにおいて、プレー以外での自身の役割についてはどう考えていますか?

「積極的に声をかけていくことが重要だと思います。コミュニケーションを取りながら、チームの土台やいい雰囲気を作って、目標をしっかり定めていきたいです」

――フィリップ・ブラン監督代行の指導の印象は?

「新体制での練習が始まったばかりですから、『(他の監督と)あれもこれも違っておもしろい』という段階ではありません。でも、ブランは選手時代も指導者としても国外のチームで活動した経験があるからか、アクションや指示の細かさは言語が違っても理解しやすい。これから、彼が持っている引き出しをさらに見せてくれると思うので、それに対応していきたいです」

この記事の続きを読む

1