涙、涙のブンデス最終節。香川真司もイエローもらう気迫のプレー

 ブンデスリーガも最終節となったドルトムント対ブレーメン。バイエルンの優勝、ライプツィヒの2位は確定していたが、3位ドルトムントは、チャンピオンズリーグ(CL)の予選に回らなければならない4位に転落する可能性も残していた。

 前半7分という早い時間帯に先制したのはブレーメンだったが、ドルトムントは結果的に4−3と逆転勝利を収めた。先発フル出場した香川真司の試合評は言い得て妙だった。

「いい終わり方だった。劇的にスタジアムが盛り上がった。でも守備がなかなか安定しない、今季を象徴していた」

 ドルトムントはやっとのことで3位を確定させ、来季CL出場権を獲得した。予選からのスタートで夏のバカンスが短くなることもなくなった。

 涙、涙の試合だった。理由のひとつはマルク・バルトラの復帰だ。

 4月11日のCLモナコ戦に向かう途中で爆弾被害にあったバルトラがこの日、フル出場を果たした。本来はベンチスタートの予定だったが、試合前のウォーミングアップで主将のマルセル・シュメルツァーが負傷したため、代役として急きょピッチに立った。右腕にはまだギプスが装着されたまま。黄色のテーピングであたかもインナーのようにみせかけているが、ぎこちない動きは切なかった。

この記事の続きを読む

1