僧侶が語る、『アストロ球団』とダービーと人生の巡りあわせ

【高野山真言宗僧侶・中島龍太郎氏「競馬との縁」前編】

 まず、 世の中に競馬と宗教ほど縁遠いものはないであろう。ところが、競馬と意外な「御縁」を持つ僧侶が高野山にいた。2014年、競馬雑誌「優駿」のエッセイ大賞を受賞した僧侶である中島龍太郎(僧名:龍範)師である。さらに、その中島師は、集英社との浅からぬ縁もあったのだ。

 今年の戦国ダービーをどう占うのか。僧侶ならではの競馬観とともに話を聞いてみた。

 *    *     *

 まず、競馬の話の前に、私がどういったいきさつで、僧侶になったかをお話しします。

 私はそもそも最初から仏門に進もうとは思っていたわけではございませんでした。私は神奈川県横浜市の、田園都市線沿線の出身。生まれた家は寺でも何でもなく、一般家庭、いわゆる「在家」の出身になります。

 お恥ずかしい話ですが、幼少より勉強の類(たぐい)はあまり得意ではありませんでした。高校時分は神奈川の高校でラグビー部に所属しており、ポジションはスクラムハーフでした。

 現役での大学受験には失敗しまして、いわゆる浪人をした後、1995年から、和歌山にある高野山大学に行く事になりました。和歌山にはかつて、中学生の頃に友人と友人のお父様と旅行で訪れたことがありました。

この記事の続きを読む

1