激論のすえ決定!ダービーを暗示する 「3歳牡馬ランキング」最終版

2017年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第5弾)

 牝馬クラシック第1弾の桜花賞と同様、牡馬クラシック第1弾の皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)も大波乱となった。1番人気に支持されたのは、3戦無敗の牝馬ファンディーナ(牝3歳/父ディープインパクト)。直線に入って一度は先頭に躍り出るも、最後は失速して7着に敗れた。さらに、2番人気のスワーヴリチャード(牡3歳/父ハーツクライ)、3番人気のカデナ(牡3歳/父ディープインパクト)も、それぞれ見せ場も作れずに6着、9着と馬群に沈んだ。

 代わって頂点に立ったのは、9番人気のアルアイン(牡3歳/父ディープインパクト)。2着には4番人気のペルシアンナイト(牡3歳/父ハービンジャー)が入って、池江泰寿厩舎のワンツーフィニッシュとなった。

 しかしながら、それぞれ「マイラータイプ」と評する見解もあって、次なる日本ダービー(5月28日/東京・芝2400m)に向けては距離不安が囁かれている。それにより、ダービーの行方は一層混迷の色を深めている。

 そんな中、4月29日に行なわれた前哨戦のGII青葉賞(東京・芝2400m)で、連勝中のアドミラブル(牡3歳/父ディープインパクト)が後方からまくって楽勝。見る側に強烈なインパクトを与える勝ち方を披露し、一躍ダービー戦線の主力に躍り出た。

 今回はこれらの結果を踏まえて、ダービーに向けての『Sportivaオリジナル番付(※)』を発表したい。

1 2 次へ