世界陸上日本代表で最速タイム、井上大仁が東京マラソンで試したこと

【男子マラソン界の星・井上大仁 前編】

 昨年のリオデジャネイロ五輪では、佐々木悟(旭化成)の15位が最高成績に終わった日本男子マラソン。2020年の東京五輪に向けて新たなスタートとなる今年、8月にロンドンで開催される世界陸上選手権の代表には、34歳の中本健太郎(安川電機)と30歳の川内優輝(埼玉県庁)に加え、社会人3年目の24歳・井上大仁(ひろと/MHPS:三菱日立パワーシステムズ)が選ばれた。

 3人の中でのトップタイムは、2月の東京マラソンで日本人トップの8位に入った井上の2時間08分22秒(日本歴代22位)。初マラソンとなった昨年3月のびわ湖毎日マラソンを2時間12分56秒で走った井上が、2度目のマラソン挑戦となった東京で意識していたのは2時間07分台で、展開次第では2時間06分台も視野に入れていたという。

「東京では5km15分前後のペースでどこまで押せるかを試したかったので、1km2分58秒のペースメーカーにつく予定でした。でも、スタート直後から彼らが先頭のペースメーカーについていってしまい、5kmの通過が14分15秒という速いペースになってしまった。『このままいくしかない』と、近くにいた(ヨハネス・)ゲブレゲルギシュ(エリトリア)と一緒に前を追いかけたんですが、10kmの通過が29分13秒と速いままで。設楽悠太さん(Honda)はそのままいったんですけど、自分は厳しいと思ってペースを落としてしまいました」

この記事の続きを読む

1