U−20日本代表、ラッキーな勝利。真の「世界戦」はこれから始まる

 内容的な物足りなさを強調する必要もないが、だからと言って、逆転勝利という劇的な結果ばかりに目を向け、ことさら持ち上げる必要もない。投げやりな言い方をするわけでも何でもなく、よくも悪くもこんなもの。プレーしている選手たちの年齢や経験値、さらには舞台の大きさなども含めて考えれば、そんな試合だったのではないかと思う。

 U−20W杯のグループリーグ初戦、日本は南アフリカを2−1で下し、幸先よく勝ち点3を手にした。前半の早い時間(7分)に先制されながらも、後半に2点を奪っての逆転勝ちである。

 内容的に言えば、決して褒められた試合ではなかった。日本は試合序盤、内山篤監督が「コンパクト(な守備ブロック)を少し広げられた」と振り返ったように、ボールの奪いどころが定まらず、簡単にDFラインの裏を取られるシーンが目立った。MF三好康児が語る。

「前線の選手は前から(プレスに)いきたいが、後ろの選手は(ロングボールを)蹴られるのを牽制して、ラインが下がってしまった。それで中盤が空いてしまい、そこを使われた。南アフリカはFWが(高い位置に)張っていて、スピードもあるので一発の怖さがある。守備陣としてはそこを警戒していたが、それに合わせて前線の選手が下がってしまうと、(南アフリカのDFやボランチに)楽にボールを運ばれてしまう。そこ(チーム全体でどう守るのか)の部分をもっと合わせなければいけなかった」

この記事の続きを読む

1