乾貴士がカンプ・ノウで見せたリアルな夢。バルサが震えた2ゴール

 カンプ・ノウで行なわれたリーガエスパニョーラ最終節、バルセロナ対エイバルは、4対2でホームチームが勝利した。日本人MF乾貴士はこの試合のエイバルの全ての得点を決める活躍で、日本人初のカンプ・ノウ得点選手となったほか、マジョルカ時代の大久保嘉人が記録しているリーガでの通算得点5点を上回る、日本人最多の6得点となった。

 夢を見た試合だった。

 試合が始まって1時間が過ぎた時、カンプ・ノウの大型掲示板には「0対2」と、アウェーチームのリードを示すスコアが表示されていた。その2点は乾が叩き込んだもので、エイバルの日本人MFは2度、カンプ・ノウに沈黙の時間をもたらした。2点目は多くのバルセロナファンに家路につく決断をさせた。

 乾が決めた2つの得点はどちらも美しいものだった。チームメートが冗談めかして言う「お前はファインゴールでしかゴールを決められない」という言葉を証明した。

 前半7分、右サイドバックのアンデル・カパが上げたアーリークロスは、大外で待っていた乾のもとへと飛んできた。手前でボールがバウンドする処理が難しいボールだったが、リーガでもトップクラスと言えるトラップを見せる日本人MFはいとも容易に、しかも本人の言葉を借りれば「左足のスネ」と、ミートが難しい部分でダイレクトに合わせた。

この記事の続きを読む

1