ダービーで急浮上のアドミラブルは、ローテ、ジンクスの懸念を拭えるか

 今週末28日には東京競馬場にて"競馬の祭典"であり、牡馬クラシック第2弾となるGI日本ダービー(芝2400m)が行なわれる。

 クラシック第1弾のGI皐月賞は1番人気の牝馬ファンディーナが7着に敗れ、9番人気アルアインがレースレコードとなる1分57秒8の好タイムで快勝。2番人気スワーヴリチャードは6着、3番人気カデナは9着という波乱の結果となり、日本ダービーの単勝人気順がどうなるかも掴みにくい状況だ。

 筆者がtwitterの投票機能で「日本ダービーの1番人気馬は何になると思いますか?」と、1.アルアイン、2.アドミラブル、3.スワーヴリチャード、4.その他の4択で問いかけたところ、アドミラブル(牡3歳・音無秀孝厩舎)が60%を超える支持を集めた。この数字の比率がそのまま反映されるとは限らないが、アドミラブルが1番人気に推される可能性は高そうだ。もし、1番人気となれば、GII青葉賞(東京・芝2400m)を勝った馬としては初のケースとなる。

 重賞になってからの23回で、青葉賞勝ち馬は22頭が日本ダービーに出走。1994年エアダブリン、2002年シンボリクリスエス、2003年ゼンノロブロイ、2006年アドマイヤメイン、2011年ウインバリアシオン、2012年フェノーメノの6頭が2着に、2004年ハイアーゲーム1頭が3着に入っている。ハナ差の惜敗だったフェノーメノは後にGI天皇賞・春を連覇。シンボリクリスエス、ゼンノロブロイも後に年度代表馬に輝いたが、日本ダービーでは2着に敗れている。アドミラブルは23頭目にして初めて、このジンクスを破れるのだろうか。これまでの戦績を振り返ってみよう。

この記事の続きを読む

1