【月刊・白鵬】大盛況の夏場所、横綱が注目する「2人の若手力士」

第71回:注目の若手

昨年の夏場所以来、優勝から遠ざかっている横綱。
その分、今場所にかける意気込みは強い。
通算38回目の優勝へ向けて、横綱がその決意を語る。
さらに今回は、横綱が注目している若手力士も紹介する――。
 大相撲夏場所(5月場所)が5月14日から東京・両国国技館で行なわれています。

 先の春場所(3月場所)では、足の負傷が悪化したことにより、途中休場を余儀なくされました。その後、リハビリを経て、春巡業の後半戦から巡業に帯同。昨今の大相撲人気もあって、春巡業は1カ月間にもわたって行なわれたため、その中で少しずつ自分の体を慣らすことができました。

 4月30日、千葉・幕張で春巡業を終えると、翌5月1日には夏場所の番付が発表されました。4横綱となって2場所目、東の横綱には春場所で優勝した稀勢の里が座り、西に鶴竜、東に日馬富士、そして西に私と続く番付です。

 番付発表後、5月3日には横綱審議委員会稽古総見が行なわれました。この日は一般の方々にも開放され、多くのファンのみなさんが国技館に詰めかけてくれました。

 注目の稀勢の里は連絡ミスなどもあって姿を見せませんでしたが、ファンのみなさんの前で力士たちの気合いは相当なものでした。誰もが精力的に稽古をこなしていたと思います。

この記事の続きを読む

1