最終ラップにドラマ。ヤマハ通算500勝目はビニャーレスの手に

[本稿完了後、記事更新前の5月22日にニッキー・ヘイデンの訃報が発表された。レースの記録を残す重要性に鑑み、執筆時の内容のまま公開する。ただし、逝去の一報に際し、最後の部分のみ若干の修正を加えた(西村)]

 劇的な要素がたくさん詰まった28周の戦いだった。

 第5戦・フランスGPの舞台ル・マン・サーキットは、コースレイアウト的にヤマハが得意なコースといわれている。過去5年の優勝者を見てみると、ヤマハ3勝(ホルヘ・ロレンソ:2012年・2015年・2016年)に対してホンダは2勝(ダニ・ペドロサ:2013年、マルク・マルケス:2014年)。

 この結果だけなら拮抗しているようにも見えるが、直近の2年に注目すれば、6つの表彰台のうちヤマハは4つ(2015年:1位・2位、2016年:1位・2位)を獲っているが、ホンダはゼロ。表彰台占有率(ヤマハ66%、ホンダ0%)で比較するまでもなく、ヤマハ優位の傾向が見て取れる。

 実際に土曜午後の予選を終えて、マーベリック・ビニャーレス(モビスター・ヤマハ MotoGP)、バレンティーノ・ロッシ(同)、ヨハン・ザルコ(モンスター・ヤマハ Tech3)がフロントローを独占。日曜の決勝も、彼らを中心にレースが展開すると予想された。

 そして日曜の戦いは、大方の予想どおり、主役は彼らだった。

この記事の続きを読む

1