熱血マンガ『アストロ球団』の血を継ぐ僧侶が占う、混戦ダービーのゆくえ

■高野山真言宗僧侶・中島龍太郎氏「競馬との縁」後編

 中島師が語る、中国でのエピソードや父、中島徳博との思い出、そして競馬との数奇な縁による繋がり。

 はたして、中島師は今年の戦国ダービーをどう占うのか。

 *     *     *

 何度かの出張を経て、私がいよいよ中国駐在として赴任する日が近づいてまいりました。06年の6月末から福建省の赤岸鎮に長期の滞在となります。それに向けての最後の出張が、6月の上旬にありました。ちょうど安田記念の季節です。私は関西空港から飛行機に乗る直前、携帯電話でメールを送って、競馬好きの後輩にこのレースの馬券の購入を託しました。すると、なんと驚いたことに、3連単馬券が大当たり! 私はこの月末から日本をしばらく離れます。この配当金で恩返しをすることをふと思いつきました。大学卒業後も聴講していた中国語の授業は、一切授業料を払っていません。ですので、この配当金の大部分を、中国語を学ぶ学生たちの旅費として差し上げ、私が駐在する赤岸鎮(せきがんちん/中国・福建省)の農村の小学校などで文化活動をしてもらうのはどうかと、お世話になっていた先生に提案したのです。この提案はその年の10月に実現しました。

 私が中国駐在して3年の月日が過ぎた頃、正式に中国の都市部の大学に留学する機会をいただけました。あれほど夢見ていた中国への大学留学が叶ったのです。この大学では、高野山大学の時とは異なり、すべての単位を修得し、論文も提出し、卒業までさせていただきました。

この記事の続きを読む

1