皐月賞ワンツーの池江厩舎。3頭出しダービーで勝つのは、ズバリこの馬

 ダービーは狭き門。勝ち負け以前に、スタートラインに立つこと自体が難しい。

 出走頭数が18頭と制限された1992年以降、それはますます狭き門となった。

 そんななか、今年のダービー(5月28日/東京・芝2400m)では、管理馬を3頭も出走させる厩舎が2つもある。栗東の池江泰寿厩舎と音無秀孝厩舎だ。

 1992年以降、ダービーに3頭以上の管理馬を出走させたことがあるのは、美浦の藤沢和雄厩舎(2002年、2003年、2013年)だけ。それは、かなり稀(まれ)なことと言える。

 しかも、である。

 その3頭が3頭とも有力馬なのである。出走権利を獲るのが精一杯という、いわば"参加するだけ"というタイプは1頭もいないのだ。

 とりわけ、すごいのは池江厩舎のほうだ。

 皐月賞馬のアルアイン、同2着のペルシアンナイト。さらに、皐月賞こそパスしたが、「潜在能力はこれら2頭より上」とも評価されているサトノアーサーという、強力ラインアップなのである。

 ダービーを勝つチャンスは、どの馬にもある。

 とはいえ、勝つのは1頭しかいない。

 皐月賞のあと、池江師は「皐月賞が"親子丼"なら、ダービーは"三段重"で」と威勢のいいコメントを発した。それだけ自信もあるのだろうが、"三段重"には上もあれば、真ん中もあって、下もある。

 はたして一番上のお重、つまり一番勝利に近いのは、どの馬だろうか。

この記事の続きを読む

1