ザウバーのF1シートは見えている。松下信治と福住仁嶺がダブル優勝

 F1スペインGPが行なわれたバルセロナの週末に、『君が代』が響きわたった。それも、二度にわたって――。F1直下のFIA F2選手権(GP2から改称)、そしてそれに次ぐGP3選手権に参戦する日本人ドライバーたちがそろって優勝したのだ。

「F1への階段」として、まさに同じ週末に同じ場所で併催されるF2とGP3には、F1昇格を目指す各チームやメーカー系列の育成ドライバーを含む若手が参戦し、激しいバトルでしのぎを削っている。2014年に全日本F3選手権を制し、ホンダの育成ドライバーとしてGP2に飛び込んだ松下信治(まつした・のぶはる/23歳)は、3年目のシーズンを迎えている。

「今年は違います、アグレッシブに行きます」

 昨年はF1への昇格とタイトル争いを意識しすぎたことで走りが硬くなり、気持ちで負けてしまっていた。自信を持ってコーナーに飛び込んでいけるかどうか、そのわずかな差が数メートルのブレーキングの早さや数km/hのスピード差につながり、バトルでも押し負けてしまった。

 松下自身もそれをはっきりと自覚し、認め、見つめ直すことで生まれ変わった。

 開幕ラウンドのバーレーンは、チームがうまくマシンセットアップを煮詰められなかったこと、ドライバーとして明確な方向性を指し示せなかったことで迷走してしまった。レース1の8位からリバースグリッドでポールポジションを手にしたレース2は、絶好のチャンスだったにもかかわらずブレーキトラブルでスタートすらできなかった。

この記事の続きを読む

1