岡崎慎司のプレミア2季目は不完全燃焼。いまだ絶対的な存在になれず

 波乱万丈の2016−2017シーズンが終わった。「昨季のリーグ覇者」として今シーズンを迎えたレスター・シティだったが、シーズン序盤から下位に低迷した。ずるずると順位を下げていき、降格ゾーン手前の17位まで転落した2月下旬のタイミングでクラウディオ・ラニエリ監督を解任。アシスタントコーチのクレイグ・シェイクスピアを正指揮官に据えた。

 ここからレスターは、原点のプレッシングサッカーに立ち返って勢いを取り戻した。順調に勝ち点を積み上げ、残り3試合となったところで残留を決め、今シーズンを12位で終えた。

 その一方で、初挑戦のチャンピオンズリーグ(CL)では準々決勝まで勝ち進んだ。低迷したリーグ戦とは対照的に躍進し、まるでジェットコースターのようにアップダウンの激しい1年を過ごすことになった。岡崎慎司も「(ラニエリ解任から)怒濤の2〜3ヵ月だった」と振り返った。

 そして、プレミアリーグ挑戦2年目の岡崎にとっても、起伏の激しいシーズンになった。

 昨季は不動のレギュラーとしてピッチに立ち続けたが、夏の市場で獲得したFWイスラム・スリマニやFWアーメド・ムサの新戦力に押し出され、シーズン序盤はベンチ要員に成り下がった。CLグループリーグ初戦となったクラブ・ブルージュ戦(9月14日)ではまさかのメンバー外となり、スーツ姿でスタンドから観戦するという屈辱も味わった。試合後、岡崎にしては珍しく感情をむき出しにし、「昨季はずっと試合に出ていたし、あり得ないと言ったらあり得ない」と、まさかのメンバー外に不満をぶつける一幕もあった。

この記事の続きを読む

1