【木村和久連載】アップダウンのあるコースは、お好きですか?

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第106回
 NHKの地質&地形番組『ブラタモリ』じゃありませんが、ゴルフコースの高低差、アップダウンについて、いろいろな見解を述べてみたいと思います。

 ベテランのアマチュアゴルファーに、どういうコースが高級で、格式があるかと尋ねると、80%くらいの方が「平らな林間コース」と言います。それに、ゴルフコースについてうんたらかんたら言う人って、おおよそ年齢層が高めなんですよね。誰が設計したかを気にするのは、完全に昭和の人の感覚なのです。

 片や、今の若者は「誰が設計していてもいいじゃん」って思っています。第一、ゴルフ場に専門の設計家がいるなんて、知らない人が多いですし。

 コースの見方もよくわかっていません。若者のゴルフ場に対する善し悪しの判断はこんな感じです。

「値段が安くて、クラブハウスが立派で、風呂も豪華。それで、食事が美味しければもう最高ぉ〜!」って。おいおい、コースの話はないのかよ〜。

 もちろん、昭和のゴルファーは違いますよ。「ゴルフ場の善し悪しは、コースで決まる」と思っているコース至上主義者ばかりです。

「クラブハウス? 雨露がしのげればいいのよ。食事? カレーがあればいい。問題はコースだってば!」

 そんなふうに力説するオヤジが多いこと。

この記事の続きを読む

1