大迫勇也、今季の活躍を振り返る。「ケガがなければもっと得点できた」

「もったいない......かな」――今シーズンを振り返った大迫勇也の口から真っ先に出てきたのはそんな言葉だった。

 今季の大迫はブンデスリーガ30試合に出場し、7ゴール8アシストを記録。ケルンでの初年度となった一昨季の28試合3ゴール4アシスト、苦しんだ昨季の25試合1ゴール1アシストを大きく上回り、ドイツでの自身最高の成績を残してみせた。

 リーグ開幕戦こそベンチスタートだったものの、第2節で先発入りすると、第3節でアシストをマーク。続く2試合で連続ゴールを奪って9月のクラブ月間MVPに輝いた。

 この活躍が認められて、11月には1年5カ月ぶりに代表復帰を果たす。親善試合オマーン戦でいきなり2ゴールを決めると、さらにW杯アジア最終予選サウジアラビア戦でもブンデスの屈強なDFとの競り合いで身につけた抜群のキープ力を発揮して、勝利に大きく貢献した。

 後半戦に入ってもゴールとアシストを重ねていた大迫だったが、3月のW杯予選UAE戦で左ひざを痛めて、リーグ戦を2試合欠場することに。復帰後も扁桃炎を患うなど、シーズン終盤は思うようにプレーすることができなかった。

この記事の続きを読む

1