0.091秒差の勝利を生んだ「町工場のGT王者」チーム土屋の準備力

 5月20日〜21日に大分県のオートポリスで開催されたスーパーGTシリーズ第3戦。昨年は熊本地震の影響で中止となり、同地では2年ぶりの国内最高峰レース開催とあって、決勝日には1万8200人が来場して大いに盛り上がった。

 注目のレースは、GT500クラスではナンバー36のau TOM'S LC500(中嶋一貴/ジェームス・ロシター)が今季初優勝を挙げ、開幕から絶好調のレクサス勢が開幕3連勝を成し遂げる活躍を見せた。

 一方、GT300クラスでは、低予算のプライベーターながら年間王者を勝ち取り「町工場のチャンピオン」と呼ばれたナンバー25のVivaC 86 MC(松井孝允/山下健太)が本領を発揮した。予選ではライバルたちを0.6秒以上も引き離す圧倒的な速さを見せてポールポジションを獲得。決勝も山下から松井にバトンをつなぐ戦略で、見事にトップを守り切って今季初優勝を挙げた。

 昨年まではドライバー兼エンジニアとして、自ら走りながらマシンの分析なども行なっていたVivaC Team TSUCHIYA代表の土屋武士。今年はドライバーを引退し、監督兼エンジニアという立場でふたりの若手ドライバーを率いている。そのなかで掴んだ勝利は、昨年までとは違う格別な1勝だったようだ。

 レース後、土屋監督のもとを訪れて優勝の感想を聞くと、「感無量です」と真っ先にコメントしたのが印象的だった。今年は監督としてドライバーふたりをコースに送り出し、彼らにストレスなく走ってもらうための環境づくりに徹するなど、昨年とは異なる苦労があったという。

この記事の続きを読む

1