米国メディアが見た村田vsエンダム戦。本場の意見も「ありえない」

 論議を呼んだ5月20日のWBA世界ミドル級王座決定戦、アッサン・エンダム(フランス)vs村田諒太(帝拳)戦の判定問題はアメリカでも少なからずニュースになった。アメリカ東部時間の朝9時頃から行なわれたファイト。リアルタイムで観るには少々厳しい時間だが、後に試合映像をチェックしたメディアは少なくない。

 エンダムvs村田戦と同日、ニューヨークではテレンス・クロフォード(アメリカ)vsフェリックス・ディアス(ドミニカ共和国)のWBC、WBO世界スーパーライト級タイトル戦が行なわれ、多くのボクシング関係者が集まった。その現場となったマディソン・スクウェア・ガーデンで、筆者は独自の取材を行なった。結論から先に言うと、筆者が聞いた限り、エンダムが勝ったと見た在米メディアはひとりもいなかった。

「際どいラウンドはすべてエンダムに与えるくらいのつもりで採点したが、それでも118−109で村田の勝ちだった。最初の2ラウンド以外、エンダムはすべて取られたと思う。加えて、村田はノックダウンをあと2度記録しているべきだった。ロープがなければダウンしていたとされる場合、ルール上はノックダウンとなるはずで、そういうシーンが2度はあったからだ。いずれにしても、エンダムは不安定な戦いぶりで、後半はサバイバルモードに入ったように見えた。村田はエンダムを追いかけ続け、主導権をコントロールした。村田の方がパンチも重く、一方のエンダムは叩くような打ち方で、ガードの上を打つばかりだった」(ショーン・ナム:UNC.com)

この記事の続きを読む

1