素直すぎたU−20日本。「ウルグアイのナイフ」に、してやられる

 思わぬアクシデントによって、戦い方の変更を余儀なくされた。唯一のターゲットマンにして、ファーストストライカーの負傷退場......。エースを突如失ったゲームのなかで、若き日本代表は果たして何を掴んだのか。

 韓国で開催されているU−20ワールドカップ。5月24日にウルグアイとのグループステージ第2戦を戦った日本は0−2で敗れた。

 前半38分にロングフィード1本でディフェンスラインの裏を取られ、FWニコラス・スキアッカパッセに手厳しい一発を叩き込まれると、後半アディショナルタイムにはDFマティアス・オリベイラにトドメとなる2点目のゴールを決められた。

 日本にとって不運だったのは、もっとも代えの利かない選手を試合中、それも早い時間帯に失ってしまったことだ。

 前半15分すぎのことだった。FW小川航基(ジュビロ磐田)が着地の瞬間に左ひざを負傷し、担架で運ばれていく。その後プレー続行不可能の診断がくだり、FW久保建英(FC東京U−18)と交代することになったのだ。

 裏への抜け出しが得意なFW岩崎悠人(京都サンガ)にせよ、1.5列目で自由にプレーする久保にせよ、小川とコンビを組ませて補完関係を築くことが前提だったところがある。ここまで出番がないFW田川享介(サガン鳥栖)にしても、高さとスピードを兼備しているが、ターゲットマンではなくセカンドストライカーの色が濃い選手。少なくともこのチームでは、小川のバックアップというタイプではない。

この記事の続きを読む

1