ダービーで狙える穴馬は「皐月賞組2頭+トライアル組1頭」で決まり!

 いよいよ"競馬の祭典"がやってきた。週末に行なわれるGI日本ダービー(5月28日/東京・芝2400m)は、ホースマンにとっても、ファンにとっても特別なレースとなる。

 ただ、馬券を買うファンの間では"難解"というムードが漂っている。今年の3歳牡馬戦線は「主役不在」と言われており、GI皐月賞(4月16日/中山・芝2000m)では牝馬のファンディーナが1番人気に推され、結果は9番人気のアルアインが優勝するという波乱となった。

 加えて、トライアルから強力な"新星"が現れた。GII青葉賞(4月29日/東京・芝2400m)を3連勝で制したアドミラブルだ。皐月賞2着のペルシアンナイトの主戦だったミルコ・デムーロ騎手が、ダービーではこちらを選択したことからも、相当な能力の持ち主であることは確かだろう。もしかすると、1番人気に支持されるかもしれない。

 しかしながら、アドミラブルに皐月賞組との対戦はなく、能力比較が難しいところ。この馬の扱いをどうするのか、それだけでも人によって意見が分かれそうだ。

 いずれにせよ、混迷のダービーであることは間違いない。そういった様相だからこそ、皐月賞同様、再び"荒れる"結末も十分に考えられる。思い切って、穴馬券を狙ってみてもいいのではないだろうか。

 では、波乱の立役者として狙える馬はいるのか。過去のダービーの傾向を踏まえて、穴をあけそうな伏兵馬を探してみたい。

この記事の続きを読む

1