驚異の集中力で予選5位。激走アロンソはインディ500で勝てるのか

 今年で101回目の開催となるインディアナポリス500。世界で最も長い歴史を誇るレースは、独特の伝統、風習を今も引き継いでいる。普通、レースは週末のみで開催されるものだが、長らくインディはほぼ1カ月をかけて行なわれていた。最近の20年でかなり簡素化が進んだが、現在も月曜日に走行開始すると、毎日6時間もプラクティス(練習走行)をやり、最初の週末の2日間で予選を行ない、さらに決勝レースはその次の週末に開催される。

 今年の予選は先週末に終了した。インディ500決勝の出場台数は伝統的に33台と決まっていて、これでレースを走る33台が決定。その中のひとりがフェルナンド・アロンソである。もし予選だけで2週をかけて行なわれていた昔ながらのスケジュールだったら、F1を2戦休まなければならないため、アロンソの参加は困難だっただろう。

 2度のF1ワールドチャンピオンとはいえ、インディではルーキー扱いされる。ネルソン・ピケもナイジェル・マンセルもそうだった。ただ、マンセルの場合は、インディカーシリーズにフル参戦したので、インディ500の前にフェニックスのオーバルレースを経験していたし、シーズン前からプライベート・テストも行なえた。

 しかし、アロンソは現役のF1ドライバーで、モナコGPを欠場しての参戦。しかもオーバルレースどころか、オーバル走行自体の経験もゼロだったので、5月初旬に単独でのプライベート・テストが許可され、そこで「ルーキー・オリエンテーション・プログラム」も受けることになった。

この記事の続きを読む

1