バーランダーが火つけ役。MLBは「高めのフォーシーム」が新トレンド

 2015年からメジャーリーグに導入された解析システム「statcast(スタットキャスト)」が日本でも最近話題となっています。ボールの速さだけでなく、スピンレート(回転数)などの詳細なデータも把握できるようになったことで、新たな野球の楽しみ方として広まってきました。

 また、それらのデータを分析することによって、野球のスタイルにも変化が表れるようになってきました。そのひとつの例が、ピッチャーの投球スタイルの変化です。スタットキャストによってはじき出されたスピンレートのデータは、メジャーで活躍するピッチャーに大きな影響を及ぼすようになりました。

 その代表的なピッチャーといえば、デトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーでしょう。若いころのバーランダーは「メジャー最高の速球投手」と称され、当時の球速は平均時速96マイル(約155キロ)を叩き出していました。2011年には投手三冠に輝いてア・リーグのサイ・ヤング賞とMVPをダブル受賞するなど、まさに球界を代表する大エースです。

 しかしながらその後、バーランダーの球速は年々落ちていき、それに伴って成績も下降線を辿っていきました。2015年の成績は5勝8敗・防御率3.38。最大の武器だった奪三振数(113個)も投球回数(133イニング3分の1)を大きく下回るなど、かつての勢いはすっかりと影を潜めてしまったのです。

この記事の続きを読む

1