ふたりの早実4番打者に見る、清宮幸太郎の幸福なスラッガー人生

 5月14日に熊本での招待試合で高校通算93号を放った早稲田実業の清宮幸太郎が、春季関東大会でも2試合連続本塁打。通算95号とし、100号の大台も目前に迫ってきた。

 それにしても、センバツが終わってからも清宮は忙しい。"国民的スター"として連日多くのメディアやファンが詰めかけ、相当なプレッシャーと戦っていることは想像に難くない。

 打席に立てばいつもホームランを期待され、電車に乗ったり、コンビニで買い物をしたり、普通の高校生が当たり前にすることさえも苦労がともなう日常も、さぞかし窮屈だろうと思う。それでもしっかり結果を出すのだから、あらためて「すごいヤツだなぁ」と思う。

 その一方で、「幸せなヤツだなぁ」と思うことも多い。あり余るほどの野球の才能はもちろんだが、清宮は"人との出会い"に恵まれた選手だとつくづく思う。

 清宮が早実に入学してきたとき、2学年上に加藤雅樹(現・早稲田大学)がいた。加藤は185センチ、85キロと、清宮と同じ左打ちの大型スラッガーだ。また、捕手としてマスクを被り、主将としてもチームを束ねていた。

 今から2年前の夏の甲子園。清宮が3番を打ち、加藤が4番。ネクストから清宮のスイングをじっと見つめる加藤がいた。

「自分なんかとはモノが違います。清宮のバットコントロールはものすごく参考になる。アイツはパワーもすごいけど、技術で打っています」

"怪物"と称される後輩を、こんな風に評していた加藤は、当時、インコースのさばきに苦しんでいた。

この記事の続きを読む

1