結果オーライの引き分けの中、イタリアを翻弄した堂安律はスゴかった

 サッカーはチームスポーツ。ひとりでプレーすることなどできない。まして20歳以下のチームである。あまりにひとりの選手ばかりにフォーカスするのもどうかとは思うが、この試合に関しては、彼を"特別扱い"しないわけにはいかないだろう。

 それほど、MF堂安律はスゴかった。

 U−20W杯のグループリーグ第3戦、日本はイタリアと2−2で引き分けた。この結果、日本は1勝1敗1分けの勝ち点4でグループ3位に終わったが、各グループ3位のなかで成績上位の4カ国に入ることが確定したため、決勝トーナメント進出が決まった。

 この試合、勝てばもちろん、引き分けでも決勝トーナメントに進める可能性がかなり高くなる日本は、しかし、いきなり苦境に立たされていた。

 試合開始早々の3分、DFラインの背後を突かれ、あっという間に先制点を許すと、続く7分にもFKから失点。日本は瞬く間に2点の重荷を背負うことになった。

 だが、本人曰く、ここで「完全に火がついた」のが堂安だった。

 右MFの堂安は、ときに右サイドで、ときに中央の小さなスペースに潜り込んで、積極的にボールを受けてはさばき、まずは悪い流れを変えるべく、日本の攻撃にリズムをもたらした。

この記事の続きを読む

1